ニュース

フロントガラスのワイパー傷って気になりませんか?

2019.01.14

フロントガラス ガラス研磨 磨き 傷取り ウロコ取り ガラス撥水 ワイパー傷 線傷 コーティング 艶出し ポリッシング 室内クリーニング 室内清掃 春日井 小牧 犬山 尾張旭 瀬戸 名古屋市守山区 多治見 edge エッジ

朝晩寒い日が続いておりますが、皆様お身体の調子は崩されておりませんでしょうか。

 

edge春日井は本日も元気に営業しております。

 

 

少し前の話になりますが、私が使用しているサービスカーのフロントガラスのワイパー傷が気になって、傷を取ってみました。

 

夜間走行、特に雨天時に傷が周りの照明や対向車のヘッドライト光にギラついてしまって前方が見辛かったんです。

元々私は近眼・乱視で、ただでさえ夜間見え辛いのですが、目の前のガラスが傷等で光が乱反射してしまうともうホントに見辛くて仕方がありませんでした。

 

で、思い立ってフロントガラスの磨きをやってみました。

結果、非常に見易くなりました。視認性が格段に向上しました。

運転の疲労度合も軽減しました。

 

 

施工は研磨用機材にフエルトバフを付けて研磨剤を使用して磨いていきます。

 

使用した研磨剤は「酸化セリウム」。

 

この研磨剤、望遠鏡やカメラ等の光学機器のレンズに使うガラスを研磨するのに使用する材料です。

ガラスを鏡面研磨する為には持って来いの研磨剤です。

 

 

そういえば、ガラスって結構丈夫なイメージありませんか?

思いの外取り扱いには気を遣うんです。

 

特にフロントガラス等に使う「合わせガラス」は研磨作業中一点集中で機械を当ててしまうとガラス自体が変質して白化してしまったりします。

案外熱に弱かったりします。

 

また、ヨーロッパ車等はガラス材質自体が比較的柔らかくできています。

これは高速で走行中の飛来物に対して、ガラス自体が衝撃を吸収し割れてしまうのを防ぐ為なんですね。

ちなみに特殊車両に使われる「防弾ガラス」も基本的には同じ理屈で弾丸の衝撃を吸収しています。

その為輸入車はガラスに拭き傷等が付き易いんです。ですから下手に磨こうとするとかえって傷を増やしてしまうって事になりかねません。

 

 

話が逸れましたが、時間を掛けて丁寧に磨いた結果、無事に傷が除去できました。

この上に撥水加工を施して完了です。

撥水加工は必ず必要という訳ではありません。磨きっぱなしでも構いません。

が、ガラスを綺麗に磨き上げた上で撥水加工を施すと、非常に撥水効果が長持ちします。

特別な撥水剤を使っての事ではありません。量販店で売られている普通の市販品(レ〇ン Xとか〇ラコとか)でも長持ちします。

以前に同じ様に施工した車は市販品のガ〇コで施工後6ヵ月経った今でも追加撥水加工無しでまだまだ効果が継続しています。

 

また、この時期は特にですが、朝晩のガラスの霜の凍結が比較的し難くなる様です。

おそらくガラス表面の研磨による平滑化によって水分がガラスに停滞せずに流れ落ち易くなる為だと思われます。

 

 

「最近車の運転が疲れる」「夜、見辛い」等と感じられていらっしゃる方、ひょっとするとガラスの傷や汚れが原因かもしれませんよ。

そんなお悩みもぜひ一度edgeにご相談下さい。

きっとあなたの安全運転のお手伝いができると思います。

Menu Open